環研令和 分析事業部は、環境調査・化学分析のエキスパート。厳密なデータと信頼できる分析で、環境管理をサポートします。

トピックス

年末年始休業日のお知らせ

拝啓、時下ますますご清祥のことと拝察いたしお慶び申し上げます。

弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、年末年始休業日は下記のとおりでございます。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

年末年始休業日のお知らせ 2021~2022                                             敬具

令和3年12月吉日                     環研令和 稲場

分析事業部

11月連続休業日のお知らせ

拝啓、時下ますますご清祥のことと拝察いたしお慶び申し上げます。

弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、弊社(分析事業部)では下記の期間、連続休業とさせていただきます。

令和3年11月20日(土) ~ 令和3年11月23日(火)

なお、11月22日(月)も休業日とさせていただきますのでご了承ください。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

                               敬具

令和3年10月吉日                    環研令和 稲場 

連続休業日のお知らせ 2021.11

分析事業部

水質汚濁、環境基準の見直し

環境省より、水質汚濁に係る環境基準及び地下水の水質汚濁に係る環境基準の改正について告示されました。

内容としましては、人の健康の保護に関する環境基準のうち、六価クロムについての基準値の見直し、生活環境の保全に関する環境基準のうち、大腸菌群数を新たな衛生微生物指標として大腸菌数へ見直しとなりました。

六価クロムについては                                                         現行の基準値 0.05mg/L以下                                                          新たな基準値 0.02mg/L以下

大腸菌数については、最確数による大腸菌群数定量方法(MPN)から、より的確にふん便汚染を捉えることができる指標としての大腸菌数、特定酵素基質培地法によるコロニー形成単位(CFU)に変更となります。

施行期日は令和4年4月1日です。

詳しくはこちらをチェック☟

水質汚濁に係る環境基準の見直しについて 

参考資料

分析事業部

大気汚染防止法一部改正

 環境省より「大気汚染防止法施行令の一部を改正する政令」により大気汚染防止法施行令 令別表第1におけるボイラーの規模要件について改正されることとなりました。内容につきましては

(改正前)

 環境省令で定めるところにより算定した伝熱面積が10平方メートル以上であるか、又はバーナーの燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり50リットル以上であること

  ↓ 

(改正後)

 燃料の燃焼能力が重油換算1時間あたり50リットル以上であること

 となり、伝熱面積の規模要件が撤廃されることとなりました。なお施行期日は令和4年10月1日となりますので、ご確認をお願いします。

詳しくはこちらをチェック☟

   環境省報道発表資料

分析事業部

石綿事前調査報告の義務化

令和4年4月1日より、一定規模以上の建築物(個人宅含む)・工作物の解体工事、

リフォーム・修繕などの改修工事に対する石綿の事前調査結果の報告が義務化

されます。 ※石綿が含まれていない場合もその旨の報告が必要です。

令和4年4月1日以降に開始する工事からの適用になります。

詳しくはこちらをチェック☟

厚生労働省パンフレット1  厚生労働省パンフレット2

環境省パンフレット

分析事業部

秋季休業日のお知らせ

拝啓、時下ますますご清祥のことと拝察いたしお慶び申し上げます。

弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、秋季休業日は下記のとおりでございます。

なお、9月24日も休業日とさせていただきますのでご了承ください。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

                               敬具

令和3年9月吉日                    環研令和 稲場 

秋季休業日のお知らせ 2021                                         

分析事業部

夏季休業日のお知らせ

拝啓、時下ますますご清祥のことと拝察いたしお慶び申し上げます。

弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、夏季休業日は下記のとおりでございます。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

夏季休業日のお知らせ 2021                                             敬具

令和3年7月吉日                     環研令和 稲場

分析事業部

溶接ヒュームの測定義務化

労働安全衛生法施行令、特定化学物質障害予防規則(特化則)が改正されました。内容につきましては、金属アーク溶接等作業を継続して屋内作業場で行う場合は、溶接ヒュームの濃度の測定を行う必要があります。労働者の皆様が元気に働ける職場作りを目指すために、ご確認を宜しくお願い致します。

詳しくはこちらをチェック☟ 

作業環境測定協会リーフレット  厚労省 溶接ヒュームに係る関係省令等の解釈

分析事業部

GW 休業日のお知らせ

拝啓、時下ますますご清祥のことと拝察いたしお慶び申し上げます。

弊社ホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

さて、ゴールデンウィークの休業日は下記のとおりでございます。

ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんが、よろしくお願い申し上げます。

ゴールデンウィーク休業日のお知らせ 2021                                             敬具

令和3年3月吉日                     環研令和 稲場

分析事業部

土壌環境基準 一部改正

環境省より、「土壌の汚染に係る環境基準についての一部を改正する件」「土壌汚染対策法施行規則の一部を改正する省令」など、合わせて4件について令和2年4月2日に公布されています。

今回の改正では、カドミウムとトリクロロエチレンについての環境基準、土壌溶出量基準、土壌含有量基準(カドミウム)について見直しされ、基準値の変更となっており、令和3年4月1日より施行されます。

詳しくはこちらをチェック☟

土壌汚染に係る環境基準の一部改正

環境省告示第四十四号   環境省令第十四号

分析事業部