環研令和 分析事業部は、環境調査・化学分析のエキスパート。厳密なデータと信頼できる分析で、環境管理をサポートします。

トピックス

大気汚染防止法一部改正

 環境省より「大気汚染防止法施行令の一部を改正する政令」により大気汚染防止法施行令 令別表第1におけるボイラーの規模要件について改正されることとなりました。内容につきましては

(改正前)

 環境省令で定めるところにより算定した伝熱面積が10平方メートル以上であるか、又はバーナーの燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり50リットル以上であること

  ↓ 

(改正後)

 燃料の燃焼能力が重油換算1時間あたり50リットル以上であること

 となり、伝熱面積の規模要件が撤廃されることとなりました。なお施行期日は令和4年10月1日となりますので、ご確認をお願いします。

詳しくはこちらをチェック☟

   環境省報道発表資料

コメントを書く

*

*


分析事業部